個人情報保護についての考え

社会福祉法人白寿会は、個人情報保護法の趣旨に基づき、個人情報とプライバシー保護の重要性を認識し個人情報を適正に取り扱い個人情報の保護に努めます。サービス提供目的で取得する個人情報は、その目的に沿って使用します。

1.個人情報の取得について
利用目的を明確にした上で、必要とする範囲内に限り、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。
2.個人情報の利用について
個人情報を取得する際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。
3.個人情報の利用目的について
個人情報を書面に直接記入してもらう方法以外で取得する場合、又は間接的に取得する場合は、当法人の個人情報保護規程に定めた業務内容の範囲内で取り扱います
4.個人情報の第三者提供について
取得した個人情報は適切に管理し、個人情報保護法に定める例外を除き、本人の同意を得ることなく、第三者に提供、開示しません。
5.個人情報の開示、訂正、利用停止等について
本人から自己の個人情報について、開示、訂正、利用停止、消去などの要求を受けた場合は、これらの求める権利を有していることを確認した上で、個人情報保護法に定める例外を除き、速やかに対応します。
6.個人情報の管理について
個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などを防止するため、不正アクセスなどに対する適正な情報セキュリティー対策を講じるとともに、個人情報の持ち出し、外部への送信などによる漏洩を防ぐための適切な取り扱いと維持管理を行います。
7.組織、体制について
個人情報保護管理委員会を設けるとともに個人情報管理責任者、個人情報管理者を置き適正な管理を実施します。
8.法令等の遵守について
個人情報保護に関して適用される法令、規範を遵守します。
9.継続的見直し改善について
この方針を実行するため、個人情報保護規程を作成し、これを当法人の役員、従業者その他関係者に周知徹底させて実施し、取組みを適宜見直し継続的に改善を図ります。