平成21年4月より介護報酬が改定されました

改定の目的

介護従事者の離職率が高く、人材確保が困難である現状を改善し、質の高いサービスを安定的に提供するためには、介護従事者の処遇改善を進めるとともに、経営の効率化への努力を前提としつつ経営の安定化を図る必要があるからです。

改定の内容

介護報酬の改定により、介護に係る自己負担が少し増えました。各サービスの利用料は、事業者の規模や人員配置、又は、研修体制などの諸条件によって認められる加算額が多様化し、事業者ごとに同じサービスでも利用料が異なるケースがあります。詳しいことは、生活相談員までお問い合わせください。また、当ホームページ上でも確認出来ます。