介護サービス情報の公表について

「介護サービス情報の公表」制度とは?

介護保険法第115条の規定に基づき、介護サービスを利用し、又は利用しようとする要介護者等が、その自立に向け、適切かつ円滑にサービスを利用する機会を確保するために公表されることが必要なものとして定められた「介護サービス情報(基本情報・調査情報)」の各項目について、介護サービス事業所が定期的に都道府県知事に報告することを義務づけると共に、都道府県知事に対して、調査情報についての事実確認調査を行うことや、その結果を含めた介護サービス情報を公表することを義務づける制度です。

この制度により、サービス利用に当って次のようなことが可能となります。

  • 全ての介護サービス事業所の比較・検討ができる
  • インターネット等により、いつでも、誰でも自由に情報を入手することができる
  • 家族はもとより、介護支援専門員など関係者が同じ情報を共有することで、サービス利用の相談がしやすくなる
  • 事業所が公表している情報と、実際のサービスが常に比較検討できるので、介護サービス事業所のサービスの質のチェックがしやすくなる
  • 事業主体は都道府県であり、事業所の規模等に関係なく公正・公平な情報が提供される

情報公表制度の仕組み

情報の公表については、都道府県知事が自ら行うほか、規定に基づく指定情報公表センターを指定して情報の受渡、調査、公表等の事務を行っています。

対象となる情報とは、介護サービスの内容及び運営状況に関する情報であり、厚生労働省で定める要介護者等が適切かつ円滑にサービスを利用する機会を確保する為に公表が必要とされるものの事です。

この情報の中には基本情報と知事又は指定調査機関による調査情報が含まれ、それぞれ年に1回程度知事又は指定情報公開センターに報告され公表されます。

公表された情報を元に利用者が介護サービス情報に基づく比較検討を通じて、介護保険事業者を選択する事が出来るといった仕組みです。

情報の公表を行う介護サービスの種類

平成18年度は、訪問介護、訪問看護、訪問入浴介護、通所介護、特定施設入居者生活介護、福祉用具貸与、居宅介護支援、介護福祉施設サービス及び介護保健施設サービスですが、平成19年度より順次全ての介護サービス事業者が対象となります。

情報を公開しました。

ほのぼの苑の介護サービスの内容及び運営に関する情報は以下のホームページアドレスで公表しています。ご覧ください。

富山県介護サービス情報公表システム

http://www.kaigokensaku.jp/