身体拘束の禁止について

身体拘束の考え方について

ほのぼの苑では、サービスの提供に当たり身体拘束やその他利用者の行動を制限する行為を行いません。ただし、利用者又は他の利用者等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

しかし、拘束等を行なう前には、利用者及び家族にその事由を記した文書で説明し、その同意を得て行ないます。

身体拘束を行なう場合の手順について

フロアーカンファレンスにて検討後、必要と判断された場合は、身体拘束検討会にてさらに検討を行ないます。その後、必要と判断された場合、相談員が本人・ご家族に説明を行い、実施されます。実施された場合も解除に向けての経過の記録、観察、再検討が随時行なわれていきます。