介護保険制度の改正について

看取り介護の理念

看取り介護とは、近い将来に死に至ることが予見される方に、その身体的・精神的苦痛・苦悩をできるだけ緩和し、死に至るまでの期間、その方なりに充実して納得して生き抜くことができるように日々の暮らしを営めることを目的として援助することであり、対象者の尊厳に十分配慮しながら終末期の介護について心を込めてこれを行うことです。

終末期の過程においては、その死をどのように受け止められるかという個々の価値観が存在し、看取る立場にある家族の思いも錯綜することも普通の状態として考えられます。

施設での看取り介護は、今まで過ごしてきた場所で家族や職員、親しい人々に見守られながら自然な死を迎えられることです。

自己決定と尊厳を守る看取り介護

  •  看取り介護の基本理念を明確にし、本人又は家族に生前意志(リビングウイル)の確認を行うこと。
  •  看取り介護においては、医師による診断(医学的に回復の見込みがないと判断したとき)がなされたときが、看取り介護の開始となる。
  •  看取り介護の実施にあたり、本人又は家族に対し、医師又は協力病院から十分な説明が行われ、本人又は家族の同意を得ること。(インフォームドコンセント)
  •  看取り介護においてはそのケアに携わる者が協働し、看取り介護に関する計画書を作成し、入所者の状態又は家族の求め等に応じ随時説明を行い、同意を得て看取り介護を適切に行うこと。なお、必要に応じて適宜、計画内容を見直し、変更する。