成年後見制度について

成年後見制度とは障害等のある人が一方的に不利な契約を結んだり、また安全な財産管理ができるように、人を付けてもらい、本人の不十分な判断力を補って、本人のためになるような保護・監督を行う制度の事を指します。

成年後見制度のしくみ

成年後見制度は任意後見制度と定後見制度からなり、法定後見制度はさらに後見、保佐、補助の3つに分けることができます。任意後見制度は本人の判断能力が衰える前から利用できますが、法定後見は判断能力が衰えた後でないと利用できません。

任意後見制度のしくみ

任意後見制度→任意後見契約→本人→任意後見人→任意後見監督人

法廷後見制度のしくみ

  • 後見→本人(利用者)&rarr成年後見人&rarr成年後見監督人
  • 保佐→本人(利用者)&rarr保佐人&rarr保佐監督人
  • 補助→本人(利用者)&rarr補助人&rarr補助監督人
  • 後見…ほとんど判断できない人を対象
  • 保佐…判断能力が著しく不十分な人を対象
  • 補助…判断能力が不十分な人を対象
  • 任意…判断能力が衰える前の人を対象